生業 なりわい2010/01/14

ブログを始めて約1ヶ月。別に面倒って訳でもないんですが、油断してると全然書かなくなってしまうものなんですね・・・、と、本年もよろしくおねがいいたします。

将来なりたいもの、なりたい姿について。私の場合、最初が鮨職人。これは前にも書いた通り、子供のころから美味しいお鮨が大好きなんですね。先週もリュネットジュラの高橋さん、キャトルエピスの田口さんとの新年会で、千住で、感動もののやつをいただいてきました。
鮨を食べた、といっても、お鮨が出てくる前にに延々と極上のおつまみ攻撃で、お酒がすすむすすむ。握りは多分5個くらい(覚えてません・・)しか食べませんでしたけど。また是非行こうと思います。

鮨職人の後になりたかったのが、ムツゴロウ王国で働くこと。動物が好きだったので、当時、「ムツゴロウの~」という文庫本やテレビ番組を片っ端から見て、北海道へ行く夢をあたためていました。

その後が、動物園の飼育係。中学生の頃、実家が荒川区の町屋というところで、上野駅から京成で4つめくらいだったので、夏休みなどには、週に何日も上野動物園に通ってました。当時、夕方になると動物達が就寝用の小屋に戻るのですが、そこで夕飯を食べる姿を観察することが出来ました。ゴリラがご飯を食べる姿を食い入るように見ていると、ゴリラが怒って、リンゴだったかバナナだったか、窓越しに投げつけられたこともありました。そりゃあそうですよね、食事とかトイレとか、人にじっと見られたくはないですものね。ゴメンね、ゴリラさん。

飼育係になるには、獣医学を学ぶのが筋ですが、勉強の過程で実験とかがあるのが気になって、結局、飼育係の道はあきらめました。
その後、欧米文化への親しみと憧れから、徐々に現在のような姿をイメージするようになり、今に至っております。
最近は、また新たなイメージが加わりつつあるので、自分でも今後の成り行きを楽しみに、小さなことから実行してまいりたいと思っています。

コメント

_ kolahana ― 2010/01/20 22:47

私もムツゴロウさんのファンでした。ムツゴロウさんの本って面白いですよね。

※コメントの受付件数を超えているため、この記事にコメントすることができません。

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://dtandcompany.asablo.jp/blog/2010/01/14/4813227/tb